戸建住宅の外壁塗装、屋根塗装をおこなっています。塗り替えるなら八王子市のやよいペイントへ!

メールはこちらから

外壁塗装、屋根塗装

外壁塗装

塗り替えのサイン

塗り替えの時期は目で見て確かめましょう
一般的な住宅の塗り替え目安時期は7年~10年といわれています。
しかし、塗料の種類や環境によって劣化の度合いは異なります。
ご自宅の外壁が塗り替え時なのかどうかは、劣化の状態を目で見て
確かめることがいちばんです。
ここでは塗り替えの目安になる症状をご紹介します。

外壁塗り替えのチェックポイント
外壁塗り替えのチェックポイント
  • 壁を手で触ると白い粉が付く
  • サッシ部分などのコーキングがひび割れている
  • 塗膜が膨れている、はがれている
  • 外壁にひびが入っている

塗り替え時のポイント

最小限の養生で窓も開けられます

最小限の養生で窓も開けられます
塗り替え時、窓を開けられないのはとても窮屈ですよね。やよいペイントでは、夏の時期や夜間に窓が開けられるよう、開口部の養生を最小限にしています。これで暑苦しさや窮屈な状態も解消することができます。

植栽の養生も承ります

植栽の養生も承ります
戸建住宅の場合、家のまわりに植栽をしているお宅も多いのではないでしょうか?外壁の塗り替え時、塗料や溶剤が植物に付着し枯れてしまったり、適切な養生をしないで植物にキズを付けてしまうケースがあるようです。やよいペイントでは、造園業を営む植物のスペシャリストが、外壁塗装時の養生をおこないます。大切な植栽を傷つけないためにも、ぜひ植栽の養生をご検討ください。

植栽の養生も承ります

飛散防止対策でご近所への配慮も忘れません
お客様からいただくお問い合わせで多いものが、ご近所への飛散防止対策です。隣家や通りがかりの方に塗料や溶剤などが飛び散ってしまっては大変です。やよいペイントでは写真のような飛散防止対策をおこなっておりますので、外部に塗料や溶剤が飛散することはありません。工事期間中も安心してお過ごしください。

屋根塗装

塗り替えのサイン

屋根の塗り替えサイン
屋根は普段目にする機会がない場所ですが、紫外線や雨風をダイレ
クトに受けており、住宅の中でも最も過酷な環境下にある場所です。
雨漏りがしてはじめて劣化に気付くケースも少なくありません。
屋根の塗り替え時期の目安は塗料や環境によって異なりますが、
5年~10年です。
手遅れになる前に、適切な塗り替え時期を見極めましょう。

屋根塗り替えのチェックポイント
屋根塗り替えのチェックポイント
  • 屋根材にコケが生えている
  • 塗膜がはがれている
  • 塗膜がふくれている、はがれている

塗り替え時のポイント

タスペーサーで雨水の家屋侵入を防止します

タスペーサーで雨水の家屋侵入を防止します
やよいペイントでは、雨水が家屋に侵入するのを防止するために、タスペーサーを使用しています。塗装前にタスペーサーを設置することにより、塗膜を傷つけることなく、雨水の家屋侵入を防止します。

特殊なノズルでコケも汚れも一気に高圧洗浄

特殊なノズルでコケも汚れも一気に高圧洗浄
塗装前の高圧洗浄は、汚れを落とし、塗膜が定着しやすくなる下処理として大変重要です。やよいペイントで使用している高圧洗浄機は、特殊なノズルを設置することにより、コケなどのしつこい汚れも根こそぎ落とします。また、施工箇所によって最適なノズルに付け替え、汚れを落としていきます。

施工の流れ

外壁の場合

1. 仮設足場の組立

施工前に、仮設足場を組み立てます。足場は自前のものを使用しているため、コストダウンにもつながっています。

2. 高圧洗浄

高圧洗浄機でコケや雨だれなどの汚れを落としていきます。特殊なノズルで汚れをしっかりと落とします。

3. 養生、下地補修

塗料や溶剤がかからないよう、しっかりと養生をおこないます。ひび割れやはがれはこの時完全に補修します。

4. 軒天塗装・下塗り・中塗り

軒天部分を塗装します。外壁部分は下塗り・中塗りの順に丁寧に塗り上げていきます。

5. 仕上げ

仕上げの上塗りをおこない、外壁部分の塗装は完了です。

6.フード・破風塗装

フードや破風など、外部に附属している部分にも塗装を施します。

7.最終チェック

最終チェックをおこない、お客様にもご確認いただきます。気になる点は何なりとお申し出ください。

8.保証書発行

最後に工事保証の保証書を発行致します。工事完了後、万が一不具合があった場合も保証の範囲内なら無料で対応致しますので安心です。

塗り替えのご相談ならやよいペイントへ!